数の多さ

今後の動向についての予測

現在の日本では、コンビニよりも歯科医院の数の方が多いと言われています。 そのため、最近の歯科医院では診療時間を長くしたり、矯正歯科や審美歯科など多くの診療科目に対応するなどの工夫をしているところが多く見られます。 特に最近では、虫歯などの治療以外にも歯並びを良くしたり、歯を白くきれいに見せる審美的な要素の治療が積極的に行われており、次々に新しい治療法なども開発されています。 従来では歯を失った場合は入れ歯を作る以外の方法はありませんでしたが、現在ではインプラントなどの技術も開発され、自分の歯と変わらない機能を果たしています。 審美歯科に対する治療は保険外診療となっていますが、今後需要がますます増えれば治療費も安くなり利用しやすくなることが予測されます。

歯科治療をする上での注意点

現在では審美歯科の診療を行う歯科も多くなりましたが、虫歯や歯周病などの治療と違って、審美を目的とした治療は基本的に保険外診療となっています。 そのため、費用は全額自己負担となり、治療内容によってはかなり高額な費用となることがあります。 差し歯などの場合は保険が適用となることもありますが、表面は白い材質を使っていても裏側は銀色の材質になることもあります。 歯を白くする方法としてはホワイトニング治療が代表的ですが、その他にも歯の表面や全体を削って白い材質を接着剤で固定する方法などもあります。 これらの方法は健康な歯を削って見た目を良くする方法ですので、あとから後悔しないように、医師と良く相談して治療を始めることが大切です。